EDUCATION教育体制

文系・理系問わず採用しているため、ほとんどの新入社員が建築に関する知識を持たずに入社します。お客様は建築のプロなので、こちらも建築の知識が必須ですが、入社後の研修はもちろん、その後の実務でも会社全体で社員教育をする体制をとることで、新入社員のスムーズな成長を促しています。

  • STEP01

    入社後2ヵ月にわたり、座学での研修を行います

    ビジネスマナー・建築知識・電話対応・製品について等、OFF-JT研修で基礎を学びます。

  • STEP02

    入社後3ヵ月目からは、先輩社員とバディ制で実践的なOJT研修を行います

    先輩が教育・相談役として新入社員をサポートするため、バディを組んで実践的なOJT研修を開始します。具体的には、ソフトを導入いただいたお客様からのお問い合わせに対応するサポート業務を経験します。まず、新入社員は「先輩社員とお客様の電話のやり取り」を聞くことで、応対方法を学びます。そして、新入社員が電話に出る際は、隣席の先輩社員がイヤホンで「新入社員とお客様の電話のやり取り」を聞き、リアルタイムに内容を把握することで、すぐにフォローできる体制をとっています。段階を踏みつつ無理なく指導しますのでご安心ください。

  • STEP03

    入社後1年間はサポート部門での業務が基本です

    サポート部門はユーザー様の声が社内で最も集まる部門であり、自社ソフトや現場についての基礎を学ぶための最良の場です。また、お客様から感謝されることで「誰かの役に立つ喜び」を実感し、お客様との“感謝し感謝される関係”を身につけていただきます。
    また、通常のお客様のサポート業務に加え、スキルに応じて訪問サポートやソフトの講習を行います。その際も、必ず先輩社員のフォローがあります。

  • STEP04

    2年目以降は、サポート部門以外の配属先も検討されます

    そのままサポート部門での仕事を極めるか、またはプレゼンスキルが重要な営業部門や開発・制作を担当する技術部門へ異動するか、それまでに得た知識や技術、適性や希望によって配属先が検討されます。

  • STEP05

    その後も配置転換等により人事の硬直化を防ぎます

    配属後も、必ずしも仕事が固定されるわけではありません。各自の成長、自己実現、能力開発などを配慮した人事異動が検討されます。また、部署をまたいだチーム編成によるプロジェクトなど、新たな挑戦や変化に富んだ仕事を経験する機会があります。

社内木鶏会

全社員参加型の自己啓発ミーティング「社内木鶏会」を毎月実施しています。社内木鶏会とは、月刊誌「致知」をテキストとして全社員が人間学を学ぶ勉強会です。具体的には、くじ引きで4人1組のチームを作り、「致知」の感想文を各自が発表したり、普段から感じているお互いの良いところを伝え合ったりします。全社員が参加するため、普段接する機会の少ない他部署や他拠点の社員と接するチャンスがあり、社員同士の交流が深まる笑顔と活気溢れる勉強会です。